参謀役こそ自己成長の場所 書評55『戦略参謀の仕事』稲田将人

書評

会社で紹介頂いたので購入してみました。
営業でも開発でも事務職でもない「参謀役」のあるべき姿を
捉えた一冊です。

銀行や政治の世界では目にしたことがありますが、
企業に務めていて参謀の存在はあまり意識したことがありませんでした。

参謀とは、例えば以下のミッションを持った人材のことを指します。

①トップと現場の橋渡し役になれる存在
②トップが決断を下すための検討材料を「見える化」する存在
③企業がPDCAを回すための推進役となる存在


社内外の事象に精通して事業改革を推進しつつ、
組織内の多階層に信頼されないと成り立たない立場にある参謀役は
想像するだけでハードミッションです。

ただ著者の主張の通り、この位置で磨いた腕は、一生の財産になります。
現場で情報を集める、自社が抱える課題と改善法を見える化する、
経営層に上申する、実行に移す、実行段階で出てきた課題を捉え改善する、
企業人に必要なスキルを遺憾なく発揮できるのが参謀役という職務です。

本書には参謀役に必要な仕事の進め方や、マインドセットが詰まっています。
巻頭の『「火中の栗」は自ら拾え』は良い言葉です。
たとえ道中に失敗したとしても、そこから得られる経験は
間違いなく自らを成長させてくれます。

PDCAの正しい廻し方や、有効なフレームワークの活用方法も
勉強になるのですが、それ以上に内に秘める「挑戦したい!」という気持ちを
奮い立たせてくれる一冊なのかなと思います。

3.5

コメント

タイトルとURLをコピーしました