ストックデールの逆説

ベトナム戦争で捕虜となり、7年間を収容所で過ごすこととなった
アメリカ海軍のジェームズ・ストックデール中将の言葉

「どれほどの困難にぶつかっても、最後には必ず勝つという
確信を失ってはならない。そして同時に、それがどんなものであれ、
自分が置かれている現実の中で最も厳しい現実を直視しなければならない」

逆境を克服する偉大な企業は、一方では決して目をそらす
ことなく、厳しい現実を受け入れている
他方では、最後には必ず勝利するとの確信持ち続ける
偉大な企業になるための目標を追求している

日々の厳しさは重々認識した上で、未来への希望は持ち続けていなければ
あれこれ前書いたっけ?

また1週間がんばろう
9月は状況が好転しますように

コメント

タイトルとURLをコピーしました