自由帳

小学3年生?くらいの頃なんやけれども
コロコロコミックと自由帳買ってきて
マンガ模写して自分で独自の展開も作って
デュエマとかベイブレードとかコロッケとか
頭の中でアナザーストーリー描いたりしてたのを思い出した

授業中に筆箱を基地に見立てて
エンピツ軍 vs 消しゴム軍 とか対立関係作って
仮想スターウォーズごっこみたいなのやってたのを思い出した
何の役にも立たない遊びだったけど
当時はやたら思考が柔軟だったというか
なんか一人でも無限に遊べていた気がするぞ

別に社会人になっても、自分のやりたいことやっていい気がするぞ
やりたいことリストアップしてみたら、まだいっぱい出てきて安心した

時間ないとか平日シンドイとか少し脇に置いといて、ちょっとやってみよう
ネガティブの反対は没頭なのだ


(フジロックのサンボマスター見たかった。。。)

コメント

タイトルとURLをコピーしました