素人でも理解できる著作権のバイブル 書評35『18歳の著作権入門』福井健築

書評

先日、新聞を読んでいるとこんな記事が。

海賊版ダウンロードに罰則 来年1月、漫画など全般 改正著作権法が成立
https://news.yahoo.co.jp/articles/059250c4657c9856a037c1775dd7950cc01b2e3

これまで音楽や映像に限定されていた違法ダウンロードの処罰が、
著作権法全般に対象拡大されるようです。

ネットサーフィンしていると海外版ダウンロードサイトなんて
山のように見るので、「怖い・・・」という感じですが、
そもそも私が著作権についてほぼ知見を持っていないので、何がOKで何がNGか
全く分別をつけることが出来ない状態でした。


という訳で、本書を買ってみました。
タイトルの通り著作権についての解説本なのですが、
特徴は「学生向けの文体でめちゃめちゃわかりやすい」ことです。

非常に噛み砕いた解説で頭に入ってきますし、
ページ数もそれほどないのでサクッと読めます。

惜しむべきは、本書が2015年出版だということ。
文中で著者も言及されていますが、経済活動の変化、
ビジネスモデルの遷移によって著作権も変化が生じているようです。



ご参考:2018年12月の法改正で著作権法の”非親告罪”適用が施行されました。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E8%91%97%E4%BD%9C%E6%A8%A9%E6%B3%95%E3%81%AB%E3%81%8A%E3%81%91%E3%82%8B%E9%9D%9E%E8%A6%AA%E5%91%8A%E7%BD%AA%E5%8C%96


世相に合わせて変化する法律なのでタイムラグがあると
最新情報と異なってしまいます。
2020年時点で既に改正されてしまった項目も何箇所かあるので
丸呑みで理解すると危険ですが、「著作権とは何か」を学ぶには最適な一冊でした。


※ちなみに、ブログのアイキャッチに書籍の表紙を使用するのはどうなんでしょうか…
 適切な引用と見なされてOK?営利目的であればNG?
 色々調べましたが書籍ブログに表紙付けてて訴えられる例は前例が無いようです。
 これは問題だ!ってご意見頂ける方はぜひご指摘お願い致しますm(_ _)m


3.6

コメント

タイトルとURLをコピーしました