書評3 『沈黙法廷』佐々木譲

書評

出先のツタヤで久し振りにミステリー小説を購入。
永作博美さん主演でドラマ化もされてるらしい。

家事代行業の女性の周囲で起こる、複数の老人男性の不審死。
心を閉ざす女性の黙秘、ホシを挙げようと躍起になる警察の暴走、若者の雇用不安定、
老人の孤独。最後に待ち受ける結末は…

…と好み目のジャンルだったか、クライマックスの勢い足りずあまり楽しめなかった。
筆者の描きたかったこと、「ある人物の正体に対する”解”」は何となくわかるが、小説としての「熱」が伝わってこなかった。読後感が無い。

調べたら直木賞作家のようで、他の作品は面白いのかな。。
もうちょっと探ってみよう。ミステリー物はクライマックスの伏線回収、盛り上がりが一番の醍醐味なので、そのあたりを裏切らない作品が見つかると嬉しい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました