これ読んで決算書に目を通すと頭が良くなった気になれます 書評44『世の中の真実がわかる!明解会計学入門』高橋洋一

書評

前回読んだ『国債の真実』が面白かったのでこちらも購入してみました。
元財務官僚が教える「知っていて当たり前の会計学」。


簿記は軽く学んだ経験があるので、
一連の仕分けやBS・PLの読み方はわかるけれども
財務諸表から何を読み取っていけば良いのかイマイチ掴めない。
そんな会計初心者(※私のことです)にうってつけの内容です。



本書を読むことで、何となく世間で”悪いもの”として捉えられている
「不良債権」や「内部留保」といった単語が指し示す意味を正確に捉えられるようになり、
メディアの報道に惑わされない力を養うことができます。


また、決算書を読むケーススタディを繰り返すことで
出どころから使い道まで、企業が動かす「お金の流れ」を理解できるようになります。
決算表からお金の流れを読み取れるようになれば、経営者が何を考えて経営しているか?
といった深層心理まで推察することもできるようになります。


興味のある会社の有価証券報告書にはざっくり目を通したりするのですが、
本書の内容を頭に入れることで「どこに着目したら良いか」「結論、何が読み取れるか」
を整理できます。最低限の知識さえあれば決算書は理解することができて、
企業活動を読み解くことができて楽しいです。


キャッシュフローについての説明が成されていなかった点は「?」でしたが、
若手社会人は読んでおいて損のない内容だと思います。
世に出回る様々な主張に惑わされず、一次情報を掴みに行くことの大切さは
『FACTFULNESS』にも書いてありました。


6月は中止になってしまったけど、落ち着いたら簿記の勉強再開しよう。。
そう思いつつも試験内容の暗記はやっぱり面白くないです泣

3.8

コメント

タイトルとURLをコピーしました