書評

目指せ情報強者 書評?65 『令和2年版 情報通信白書』を読んで、将来にちょっとビビる

会社の同僚にオススメされて購入しました。Kindle本だと無料で読めるなんて知らなかったのです。。 (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a;b=b||function(...
書評

★良書。コツコツ努力を続ける人がなぜ強いかよく分かる 書評64『科学的にラクして達成する技術』永谷研一

まじめに仕事をしている人ほど、「何をやっても続かない……」「成長しないなぁ」とつい自分を責めがち。本書はそんな方に向けて、認知心理学や行動科学の豊富なノウハウと事例をもとに「科学的にラクして目標を達成できる方法」を教える本です。 興...
書評

概念理解はこのシリーズが一番はかどる 書評63『イラスト図解式 この一冊で全部わかるWeb技術の基本』小林恭平・坂本陽

このシリーズも初心者向けには重宝するので空いた時間に読んでます。HTTPの仕組みとかWebアプリの章の3層クライアントサーバ構造とかちょっとややこしいところも本書でざっくり理解できます。図解が懇切丁寧なので概念理解にはうってつけです。ただ...
書評

★良書。 IT音痴にはこういう本がありがたい 書評62『ノンエンジニアのための社内ネットワーク施工・構築ガイド』

こういう本はとってもありがたいです。知識集約型の解説書じゃなくて、オフィス内ネットワーク構築の手順を1からなぞらえて示してくれる一冊です。技術的な説明は最小限に留め、社内の状況を顧みた上でどのような下準備が必要か、段取りのところまでイメー...
書評

★良書。会計や財務に対するモヤモヤを取っ払ってくれる一冊 書評61『ざっくり分かるファイナンス』石野雄一

これはアタリ本でした。タイトルの通りファイナンスについての解説本なのですが、序章から理解しているつもりでも説明できない、以下について言語化してくれているので助かりました。・ファイナンスの定義 →「企業価値の最大化」をはかるための意思決定ツ...
書評

障害者と共存するために大切なのは「よそはよそ、うちはうち」思考 書評60『目の見えない人は世界をどう見ているのか』伊藤亜紗

幼い頃からアレルギー性結膜炎に悩まされ、定期的に眼科に通っています。赤く腫れた自分の目を鏡で見て、「もしかしたらいつか目が見えなくなってしまうんじゃないか」と恐怖していました。そんな背景から、本書を手に取りました。盲目の方がどのように世界...
書評

犠牲者と遺族と向き合った男の回顧録 書評59『墜落遺体 御巣鷹山の日航機123便』飯塚訓

8月12日で、日航機墜落事故から35年とニュースになっていたので買ってみました。犠牲者の身元を調べる任務に就いていた警察官が著者です。事故当時の現場の凄惨さがありありと描かれています。遺族、日航社員、現場対応の警察官や医師、どの視点から見...
書評

探究心のロマンが詰まってます 書評58『バッタを倒しにアフリカへ』前野ウルド浩太郎

世の中には、自分とは全く違う生き方をしてる人がいるなあと。ビジネス本では出会えない世界がこの本の中に広がってました。バッタに対するフィールドワークを求めて単身アフリカ北西部・モーリタニアへ向かう著者の奮闘を描くノンフィクションです。アフリ...
書評

世の中のニーズと起業家の野心の両面を感じる本 書評57『業界破壊企業~第二のGAFAを狙う革新者たち~』斉藤徹

今年5月に刊行の書籍です。世界で活躍しているテクノロジー系ベンチャー企業の事業概要が22の事例で紹介されています。見渡してみると世界には経営者のセンスが光る、様々な業態の企業が存在することに改めて気付かされます。中にはこの業態でマネタイズ...
書評

★良書。忘れかけていた教養の大切さを思い出させてくれた 書評56『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?』山口周

タイトルからして、意識高い層向けのファッションの本かなとか思ってました。読んでみたら全然違いました。今の僕が求めていた本でした。ビジネス書が好きな方や課題解決能力・ロジカルシンキングの習得に精を出していらっしゃる方に是非読んで頂きたい一冊...
タイトルとURLをコピーしました